どうかてい

スロットルセンサーの異常!入院。ワランティで事なきをえる…

記事公開日: 2016/06/28 最終更新日: 2016/09/01

スロットルセンサーの異常!入院。ワランティで事なきをえる…

それはある晴れた日。ヤボ用のため、30kmほど先の実家に向かう途中の出来事。
いつもは下道をプラプラ走っていくのだが、なんだか気だるかったので高速を使う事に。
家から高速までは特に問題無し。

料金所を通過して本戦へ合流する。
この合流が一気に速度がのり楽しいところ。

「お、前方クリアやし、ちょっと勢い付けていったろ!」と思い、
ワイド目にアクセルを開けて2速から3速へシフトアップ!

グォオオオ〜

いいねいいね、なんて思っていたらその時、
ドグッ
っという音とともに、パワーダウン。。。
その後はスロットルの反応がかなり鈍くなり全然ふけない。。

「なんやっ…???」
ビックリしてメーターに目をおとすと、エンジン警告灯が煌煌と光っているではないかっ…!

モンスターを買った時にディーラーの方が機能の説明をしてくれたっけ。
メーターには数多くランプがあるからね。

「これがエンジン警告灯ですね。コレが光っているときは、その、、、
エンジンがただならぬ状態という事なので、即ディーラーにきてくださいねぇ〜」
そんなちょっと変わった説明が、瞬時に脳裏をよぎった。。。

とりあえずスピードダウンし、エンジンを切って路肩に停車。
エンジンオイルでも漏れててやべー状態かも!?
と思い入念にエンジン周りを見るも、なにも異常なし。

チェックのため一度パワーオンしてみる。
メーターの警告灯は消えている…
その後エンジン始動。特に問題無し。。。

「なんだったんや。。。。」
その後走り出して実家に向かうも特に異常なし。

「たまたま、やろか。。」

実家での用事も済ませ、
症状はよくわからないけれどとにかく帰えらなければならない。

下道では異常なし。特にパワーダウンも感じられない。
なんだなんでも無いじゃんって思いたかったけど、
「そう言えばあの時、強めに加速してたな。。。」と。。。

高速の料金所を通過し、同じように加速してみた。

グォォオオオ〜ドグッ…ぶぅ〜ん…

これか。。どうやら強めの加速が原因だったらしい…
ともかく一度エンジンオフしてオンすれば直るので、
なるべく加速させないように帰宅…すげー神経つかって怖かった。。。

入院手続き

翌日たまたま休みだったので、朝一でディーラーへ。
症状をこと細かに伝える。

「う〜ん…とりあえず履歴を見てみましょうか?」

なにっ履歴?!
そしてガレージに持って行かれるモンスター君。
なんと何かしらのエラーが出たら履歴が残るようになっているらしい。。
なんとハイテクな…

10分くらいで診断完了。
「どうやらスロットルセンサーみたいですね。80km付近でエラーが出てます。」

そんな事までわかるんだ!?すげー!
トラブルうんぬんよりも、診断の早さと正確さにビビる…

「スロットル自体を交換すれば何とかなると思います。預かっても良いですか?」

もちろんお願いします。。。
その後、修理費用の事を恐る恐る聞いてみると、ドゥカティワランティの対象期間内だったので無料で良いとの事!
まじ助かった。。(入院は乗れなくて痛いけど。。)

メカさん曰く、スロットルセンサーの異常はモンスター1200では事例が数件あったそうですが、
821では初めてとの事。(このディーラーではの話だと思う)
うーん、ツイテナイネェ。

さらにパーツの入荷には1週間ちょっとかかるという。
DUCATIの場合、もしかしたらディーラーによるかもですが、
消耗品以外のパーツはすべてイタリアから取り寄せなんだって。なんてこったい。。

退院

という事で2週間後、ようやく戻って参りました。
ん、なんだかスロットルの感触が違う。。。見た目の違いはまったくわからないんですけどね。
新品になったせいなのか、それとも改善品なのだろうか。。。

以前のスロットルは、まわして行く時
スッ、スッっと狙った開度に持って行ける感じで、
「これがフライバイワイヤか!」
とワイヤー式とは違う感覚で大好きでした。
モンスター821を買う決め手となったひとつでもあります。
疲れも少なくて、一定の開度でキープするのも楽ちん。

でも今回のはもっとバネ感が強くなって、
グニャ、グニャっと動く感じのものに。
なんだかおもちゃっぽくなったような、ワイヤー式になったような。。。
さらに一定の開度をキープしようとすると、戻ろうとする反発力が強く、少し疲れる。。

うーん、ちょっと残念な出来事でした。

追記
あれから2ヶ月ほど経過し、2,000kmほど走っていますが、特に現在迄はトラブル無し。
スロットルの感触も変わりないので、やはり改善品なのかもしれませんね。

よかった!と思ったらシェアしてね

2 Responses to “スロットルセンサーの異常!入院。ワランティで事なきをえる…”

  1. 風のささやき より:

    こんにちは。ブログを楽しく拝見しています。私は去年2017年11月から2014年式M821とのバイクライフを過ごしています。今回の車両の症状について私も同様の症状を抱えています。近日中にはディーラーで対処します。これからもブログを楽しみにしています。よろしくお願いします。

    • パタロウ パタロウ より:

      コメントありがとうございます〜^^
      同じ症状出ちゃいましたか、、、、壊れないようにしてほしいものですよね。
      ただ、DUCATIって感覚を大事にするっぽいので、耐久性よりもしかしたらフィーリング重視で作ったのかもなんて勝手に思っています。
      新しいタイプはヒネリ心地ちがうかもですね。

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。