どうかてい

スマホ取り付けはやっぱりRAMマウントがイイ感じ!

記事公開日: 2016/09/29 最終更新日: 2019/02/16

スマホ取り付けはやっぱりRAMマウントがイイ感じ!

RAMマウント装着写真 もはやスマホをバイクに取り付けるのは必須かと思われ…
以前にVESPAに乗っていた時には、ハンドルバーのような固定するところが皆無だったので、どこにどうやって取り付けようか悩み、めちゃくちゃ苦労したのですが、そんな時に見つけたのが「RAMマウント」

アメリカのメーカーなのですが、主にスマホなどのデバイスを、乗り物に固定する製品に特化しています。
性能を見込まれてか、軍にも採用されているのだとか。
スマホに限らず、タブレットやノートパソコンなんかも固定できるみたいですね。
・RAMマウントのホームページ:http://www.rammount.com/

使ってみて感じた良いところは、安くて丈夫で安心なところ!
購入当初は、「走っているうちに振動や衝撃でスマホが取れてしまうのでは、、、」と超ビビっておりましたが、もうかれこれ2年くらい使っているけれど、落ちた事も、落ちそうになった事も一度もありません。

主に車やバイクなど、動くものに取り付ける事を想定して作られている製品なので、デバイスのホールドはバッチリです。また、バイクだと、雨が降ってびしょ濡れになってしまう事もありますが、錆びて使えなくなったりすることもありません。(調べたらアルミニウムのパウダーコートがされているらしい…ただのプラではないのか、、)
さらに、ちょっと無骨だけれど、シンプルなデザインなので、どんなバイクでも違和感なく付けられるところもいいですね!
もちろんモンスターにもバッチリかと。。。。個人的にはですが、、
とにかくオススメです^^

バイクへの固定器具は何種類かあるんですが、自分はU字の金具で固定するタイプを使用。
これレンタルバイクの時も使ってたのですが、しっかり固定できる割に、接地面がプラスチックのような素材なので、ハンドルバーに傷がつきにくく、ナイスな代物。

RAMマウントはバラ売り。自分にあうパーツをチョイス。

よくスマホをバイクに取り付ける商品は、
「①ハンドルバーへの固定器具」、「②可動部分の部品」、「③スマホをホールドする器具」の3つが
セットになっていることがほとんどかと思いますが、RAMマウントは各パーツがバラで売られています。
ですので、取り付けるためにはこれらのパーツを揃えなければなりません。
ここが初めはわかりづらいところですね。。。

ただ、バラ売りゆえに、さまざま組み合わせで使いわけができるのはメリット。
①も②も③も、複数のバリエーションがあるので、
ハンドルバーはもちろん、ミラーや、タンクのネジを替えてつけることもできるので、
どんなバイクのどんな場所にも、ちょうどいい角度で取り付ける事が出来るのではないでしょうか?

RAMマウント裏面 この丸っこい球を、アームというジョイントで挟み、繋いでいきます。

自分の場合はiphone5をむき出しで使っているので、
専用のホルダーを使用していました。
詳しい組み合わせは以下。
専用のホルダーには、固定するための球が付いてないので注意!別で購入する必要があります。

iphone5s(むき出し)で、使っていた組み合わせ

iphoneをRAMマウントに装着 取り付けたところはこんな感じ。
専用ホルダーだけあって、固定感は最強です!

RAMマウントの角度調整 ジョイント部分のネジを緩めて、スマホを横向きにする事もできます。

ただ、難点としては、かなりピッタリした作りになっているため、
スマホケースをつけているとはまらないですし、保護フィルムなどの薄手のものでも貼っていると、はまる事ははまるのですが、フィルムの角に力がかかって、そこから剥がれてきてしまうという。。。
このように専用ホルダーはスマホに一切なにもつけない状態で使わないといけないので、少々難ありです。

しかしちょうどiphone5が不具合となり、iphoneSEに変更しスマホカバーもつける予定なので、
専用のホルダーは使えなくなりました。
代わりに、かなり汎用性のある「Xグリップ」なるものを購入。
組み合わせは以下です。

iphoneSE+保護フィルム(もしくはケース)で使う、新しい組み合わせ

Xグリップには、先ほどの球が既についていたので、今回は上記の3点でOKです。
なおXグリップにはサイズが何種類かあるので、注意ですね。
iphoneSEの自分には「UN7B」という型番のサイズでOKでした。

RAMマウントXグリップで装着 しかし、前々から気になっていたのは、こんな挟むだけのホルダーで落ちないかどうかということ。。。。
早速300kmほどツーリング予定があったので、恐る恐る走ってきました。

落ちるどころかズレすらなし!やるやんXグリップ…

Monster821にRAMマウントつけてツーリング いきなり結論ですが、落ちるどころか、全くずれる気配もなく、完璧でした。。やるやんXグリップ!
振動が大きいバイクなので、エンジンかけた時点で案の定プルプルしており、「こりゃやべーかな…」と思いきや全く問題なし。

ツーリングではバイクを止めたらスマホは外していたので、
固定していた時間は、最長2時間くらい。
正直、外れないにしても、多少ずれたりするかと思ってましたが、いい意味で裏切られました。

不満な点といえば、強いて言うなら、iphoneSEの場合、取り付けの際に音量のボタンを押してしまわないよう、取り付け位置に注意するくらいでしょうか。

なおXグリップにはテザーという網付きのもあるらしい。

ちょっと調べたら最近のXグリップでは、4点の突起でホールドするに加えて、テザーと呼ばれるゴムの網で固定するやり方もあるそうですね。

テザーとXグリップのセットでも売っていました。というか、単体より安いやん。。なぜ。。

X-Grip Device Holders

出典:RAM Mounts

テザーも取り付けるとこんな感じ。
う〜ん、でもスマホ脱着がちょっと面倒くさそう。。。個人的にはテザーなしでOKですね。

RAMマウントはかなり多くのパーツがあるので、一度アマゾンなどで探してみると面白いですよ^^
Amazonで「RAMマウント」と検索したページはこちら。

よかった!と思ったらシェアしてね

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。