どうかてい

マットブラック塗装のお手入れ-WAKO’Sバリアスコートを使ってみた

記事公開日: 2016/03/29 最終更新日: 2019/02/16

マットブラック塗装のお手入れ-WAKO’Sバリアスコートを使ってみた

monster821マットブラック

マットブラックはかっこいいし、手入れも楽そうだな〜、と思って選んだものの、
実際はすごく大変でした…
勉強不足やった…

手入れが大変な理由は以下の二つです。

1.コンパウンドを使っての傷隠しが出来ない
2.手の油で汚れやすく、艶が出てしまいかっこ悪くなりがち

Monster 821 Darkのマットブラックの部分は、タンクとフロントフェンダー、オプションでつけていればシートカウルの3点です。
特にタンクは、衣服のボタンやチャックなどが擦れることが多く、細かい傷がつきやすいんです…
また手でも結構触る部分なので、手油でつやっぽくもなってきます…
このキズ隠しやら、油の除去やらのお手入れがここまで面倒だとは、、

コンパウンドが使えない事について

バイク塗装のほとんどはツヤツヤしているものですが、これは塗装面にクリアを噴いているでそうなっています。
なので細かい傷がついても、コンパウンドで磨けば研磨されて、結構簡単にキレイにする事が出来ました。
しかーし、ブラックに限った事ではないですが、マット塗装は表面がボコボコしており、これがマットな質感を出しているとの事。
なので研磨が出来ないんです。。。(調べてみて初めて知りました笑)
もしコンパウンドを使ってしまうと、コンパウンドは研磨剤のため、艶が出てしまうんです。
艶が出たらマットじゃない。。。やってしまうと簡単には戻せないのだとか。

油汚れがつきやすく目立つ

また、このように表面がボコボコしてるゆえ、油の汚れもつきやすいとの事です。
手脂がつくとそこだけ艶っぽくなってしまい、周りから浮いて見えてカッコわるいんですね。。。
通常は洗車して綺麗にすると思いますが、ここでも注意が必要で、研磨剤の入っている洗剤は使わないようにしなければなりません。
そんな事知ったもんだから、いちいち調べるのも面倒で、なんだか洗剤自体を使う気になれず、
いつも水だけで洗っているのですが、この方法だとやっぱり油がなかなか取れなくて困っていました。

という事でWAKO’Sバリアスコートを使ってみた

WAKO'Sバリアスコートパッケージ

そんな手入れがめんどくさいマット塗装ですが、
色々と調べていたら、マット塗装にぴったりの簡単なお手入れ方法があるのだとか。
それがWAKO’Sバリアスコートというケミカルを使うというもの。

コンパウンドを使用していないという事で安心ですし、汚れを落とす効果も少しあるみたい。
あとは表面の保護ができるという。
ほう、、

なんだか一般的には艶のあるボディ面に使用して、さらに輝きを増す的な効果を狙うっぽくて、
一見マット塗装には使っちゃいけないんじゃないかと言う雰囲気を醸し出していますが、
マット塗装へ使用した感想を見てみると、表面の汚れもある程度落としてくれて、マットな質感に深みがでるし、コーティング効果もあるのだとか。
ホントかぃな!

という事でさっそく試してみました。

WAKO'Sバリアスコートの中身

値段は3,000円くらい。そこそこしますね。。
中にはスプレーとマイクロファイバーが2枚入りです。

下準備としては水洗いなどをして表面のゴミや埃を落としておくと良いそうです。
その後乾かしたら準備OK。

マットブラックのタンクの傷

さっそく目立つ傷があったのでやってみたいと思います。

WAKO'Sバリアスコートをマイクロファイバーに吹き付ける

スプレーを良くふったら付属のマイクロファイバーに吹き付けます。
直接表面に吹き付けても良いそうです。

バリアスコートでマットブラックの傷を拭いた後

初めてのということもあって1分くらいふいてたかも笑
ブラックの黒さが目立つようになった印象です。

マットブラックのタンクの傷を磨いた後に傷がかくれた

おぉ、、わりといいかも!かなり目立たなくなりました。
でもどういう理由で、、、不思議。。
しばらくしたらまた戻ってしまうのかは要チェックですね。

バリアスコートでマットブラックのタンクを磨く

次にタンク全体にやっていきます。

バリアスコートでタンクを半分だけ磨いたところ

かなーりわかりづらいですが、左側がバリアスコートでふいた面で、
右側が何もしていない面です。
写真では微妙ですが、実際は結構違いがわかります。

バリアスコートでタンクを半分だけ磨いて仕上げ

かなり黒さが出た感じ。いいね!

モンスター821のマットブラックなフロントフェンダー

最後にフロントフェンダーも。ビフォーはこちら。

マットブラックのフロントフェンダーをバリアスコートで拭いた後

アフター。こんな感じにきれいになりました!

DUCATIモンスター821DARKをバリアスコートで磨いた

もう少し時間をおいてみないと何とも言えないですが、
これが有る事で少し安心。
なかなかお勧めです^^

よかった!と思ったらシェアしてね

8 Responses to “マットブラック塗装のお手入れ-WAKO’Sバリアスコートを使ってみた”

  1. 上西 より:

    初めまして、マットブラック塗装のコーティング 大変参考になりました。

  2. ヨッシー より:

    これって車の樹脂の部分やタイヤにどうなんだろう? 又実験して下さいネ

    • パタロウ パタロウ より:

      ワコーズのホームページ見たら、用途の記載があって、
      「オートバイ・自動車のボディやホイール・レンズ類・スクリーン類・ヘルメット・シールド等(ミラーシールド加工等の特殊コーティングしているものを除く)、金属・樹脂塗装面の洗浄・保護・コート」とのこと。
      樹脂には使えるみたいですが、タイヤは微妙っぽいですね。。。
      あと、洗浄効果もあるらしので、簡単な掃除にも向いているみたいですよー

  3. CAMEL より:

    マットブラックでもこんなにしっとり感が出るんですね
    参考になりました

    • パタロウ パタロウ より:

      こんばんわ〜
      しっとり感はしばらくするととれてしまいますけどね^^;
      拭いてすぐは気分がいいです(笑)

  4. カンタ より:

    つや消しマフラーに使えますか・・・?

    • パタロウ パタロウ より:

      箱捨てちゃったのでamazon見てたら、「オートバイ・自動車のボディやホイール・レンズ類・スクリーン類・ヘルメット・シールド等(ミラーシールド加工等の特殊コーティングしているものを除く)、金属・樹脂塗装面の洗浄・保護・コート」とありました。
      なので、ミラーシールド加工等の特殊コーティングしているもの以外は幅広く使えちゃえそうですね。

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。