どうかてい

バーエンド交換→STMブラックへ(バーの内径がわからず苦労する…)

記事公開日: 2016/03/27 最終更新日: 2017/08/29

バーエンド交換→STMブラックへ(バーの内径がわからず苦労する…)

Monster821は細かいパーツまでかなり手が込んでるな〜と思うものの、
バーエンドはなんだかダサい…

こんな感じの椅子の足についてるようなプラスチックがついています。

前回のツーリングで立ちゴケをした時に、バーエンドよりミラーの方が長く傷ついてしまいました…
「これってバーエンドが長かったら防げたんじゃね??」
とも思っていたのでさっそく候補を探し開始。

「monster821 バーエンド」などで検索するのですが、なかなかひっかからず。。
webikeでは車種別でパーツが絞り込めるので、ここで色々なメーカーを発見。

リゾマ(rizoma)やアエラ(AELLA)、DUCABIKEなどが有名みたい。
国産に比べるとやっぱり母数は少なそう…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DUCABIKE ドゥカバイク ハンドルバーエンド
価格:5292円(税込、送料別) (2017/8/29時点)


DUCABIKE製。ランキング上位で人気みたいです。


アエラ製はスライダーのようになっていて、転倒した際に守ってくれそうですね。

うーんでも、なかなかコレだ!というものが見つからず。
もっと範囲を広げてみようと思い、「ducati バーエンド」で検索。

するとこんな画像が…

出典:バイクノート7

おぉ!これカッコいい…
バーエンドにはSTMの文字が…

調べてみるとスティーレというイタリアメーカーらしい。
イタリア製はバーエンドもオシャレですなぁ。
費用も5,000円くらいで高すぎずいい感じ!

「STM バーエンド」などで調べてみると、結構取り扱っているお店はありそう。
カラーも豊富。

しかーし、今度はハンドルバーの内径がわからない…
今度は「Monster821 ハンドルバー 内径」などで検索するも、見つからず…
DUCATIの整備マニュアルを見ても載ってない…(当たり前なのか…)

うーん、DUCATIといえど情報が少ないのね…
買って付かないのは精神的ダメージがでかいので是非とも避けたいところ…

そんなこんなでいろいろ探していたところ、
アエラのバーエンドを付けている方のブログを発見!
そのアエラパッケージには「18mm-19mm」の文字が…ナイス!

その後さらに調べると、バーエンドもスモールやらラージやらがあるらしく、サイズ感が写真では掴めないと言う自体に…こりゃもう勘で買うしかないわい。

購入したSTMについて

結局楽天ショップのMOTO CORSEで購入。ページはこちら。
サイズスモール、内径18mmのもの。ブラックにしました。
(なんだかネットショップの写真を見ていると、溝の色が白くないのでそういった不安も。。)

商品到着

段ボールから開封。おぉケースもかっこいい…
品番を間違えてしまうのもイタリアならではなのか。。

おそるおそる中身を確認する…

お〜溝がちゃんと白!よかった〜
想像より綺麗な作りでびっくり。ええ仕事してますわ。。

裏っかわもいいですね。
あとは装着だがちゃんとハマるかどうか。。。

純正バーエンドの交換方法

単純に引っぱるだけなのですが、これがかなり固い…

タオルをかませてペンチではさみ、慎重に引き抜きます。

スポッと外れました。

この時はハマるとは確認できていなかったので恐る恐る穴へ…

よっしゃ!クリアランスもいい感じ!

取り付けは簡単。付けたら真ん中の六角を締めるだけ。
緩いと振動で取れる事もあるらしいので、気持ちきつめに締め込んで完成!

いいね!!

純正との比較


う〜ん、左側は隙間が出来て何とも言えないけど、まぁ良しとしよう。

ただ、やっぱりミラーの方がながかったですね。。
もうコケないぞ。。

よかった!と思ったらシェアしてね

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。